野菜栽培で青汁ジュースを作ろう

ガーデニングで野菜を栽培している方も多いと思いますが、ケールやゴーヤなどの栄養価の高い野菜を栽培すると、野菜ジュースを作るのに役に役に立ちます。

これらの原材料で作った野菜ジュースは、一般的には青汁と呼ばれているものですが、ビタミンやミネラル、食物繊維の豊富な有機野菜を使用することにより、野菜不足の解消をすることができるのです。

青汁といってもさまざまな種類がありますが、一般的に販売されている商品は粉末や冷凍タイプの商品です。最近ではジェル状のものや粒状のものなども出てきていますが、家庭栽培で野菜を作り、栄養価の高い生ジュースにして飲むのが一番よいでしょう。

一般的な野菜ジュース、例えば、イトーヨーカドーやジャスコなどのスーパーで販売されているものの場合、加糖されているものがほとんどですが、自家栽培する際にはリンゴなどの果物を加えると飲みやすくなります。ケールなどを使用した際の青汁の場合、わりと濃い味のものになりがちですが、どうしても飲めない場合には、水を加えて薄めるのもよいでしょう。

原材料としての青汁野菜には何があるの?

一般的に販売されている粉末青汁の主原料には、主に、ケールや大麦若葉、明日葉、あるいは長命草や桑の葉といった有機野菜が使用されています。ただ、これらは栽培に適している地方や農法があるわけですので、家庭栽培でそのままジュースにして飲むのに最適というわけではありません。

家庭栽培では、どちらかというとセロリやパセリなども加えた、水分の含有量の多いトマトジュースのようなものが選択されることが多いです。

ただ、ケールはキャベツによく似た野菜ですし、大麦若葉も生命力の強い野菜ですので、地域によって栽培が不可能というわけでもありません。ただ、ゴーヤや長命草などのように、原材料によっては、関東や東北、北海道などでは栽培しずらいケースもあるので注意しましょう。

種子はインターネット通販でも入手できますので、アマゾンなどの大手ショッピングモールや家庭園芸センターで購入することをおすすめします。